2014年12月21日(日) - 大平から浅間原、青笹山、田代峠(周回)

今日はこのルートで田代峠から更に徳間峠の周回を目論んでいましたが、寒さでなかなか布団から出られず出発遅く、また大平から浅間原への登りで予想以上に時間がかかってしまい、結局、田代峠で14:12、時間切れで不本意ながら東海自然歩道を下りました。安倍東山稜の興津川方面は単に山の反対側ではありますが、安倍川沿いに比べて1h近く余計に時間がかかる気がします。中部縦貫自動車道は着々と出来上がってきている感じでした。

resize14583.jpg resize14584.jpg
左:浅間原への道は急登の連続だった
右:安倍山系[上]に記載されていたイワカガミ群生地を確認
resize14593.jpg resize14594.jpg
左:稜線はガスってて何も見えなかったが、出だしは富士山が良く見えた
右:伊豆半島の先端まで見えている、右側は清水港
resize14595.jpg resize14596.jpg
resize14597.jpg resize14598.jpg
resize14599.jpg resize14600.jpg
左:右から冷たい雲が湧き上がり安倍川側からの暖かい空気とぶつかる
右:浅間原 静郵山岳部1979.11.18のプレート
resize14588.jpg resize14587.jpg
左:駿河湾に流れ出る安倍川と花沢、満観峰、高草山、小川港?御前崎??まで見えている
右:左の三角から黒法師、丸盆、鎌崩、横に長い鹿の平を経て不動(最奥の稜線)
resize14589.jpg resize14590.jpg
左:青笹山から「下りまーす」と思ったらガスってて積もってる雪も多く不安になる
右:雪が無くても滑るような急斜面に手こずり、登るより遅かったかも
resize14591.jpg resize14592.jpg
左:一体何処まで積もってるのだ!?と言いたいくらい県境尾根には雪が付いていた
右:今日の核心部、ここは上の尾根を通る方が全然安全との事。私はロープにしがみ付いて冷や汗ダラダラで通過。青笹~田代峠にロープを設置された方、GJです。ここは設置されたロープを使わず下るのは不可能です。

地形図(色あり)
地形図(色なし)

11:17 ┏大平治山運搬路ゲート(647m)
11:31 ┃青笹登山口
11:42 ┃廃林道から作業道に入る(No2-106、No137)
12:57 ┃浅間原(1,410m)
13:26 ┗青笹山(1,553m)

13:32 ┏青笹山
13:57 ┃ザレ通過
14:12 ┃田代峠(1,035m)
15:01 ┗大平治山運搬路ゲート
-----
標高差 906m

2014年12月22日 - 写真6枚追加
スポンサーサイト

2013年12月20日(金) - 徳間峠、高ドッキョウ(往復)

resize12549.jpg
富士山は気持ち良いくらい真っ白でしたが雲がかかっていて見えたり見えなかったり
resize12521.jpg resize12522.jpg
左:鞍部は田代峠
右:徳間峠登山口
resize12523.jpg resize12524.jpg
左:吊橋はまだ渡れそうであった
右:この辺はやたらと大岩があります
resize12525.jpg resize12526.jpg
左:徳間峠まであとわずか!
右:徳間峠の石仏
resize12527.jpg resize12528.jpg
左:徳間峠から高ドッキョウへの急登の後の第一関門
右:要所要所にロープ有り、これが無いと無理
resize12529.jpg resize12530.jpg
左:大きなポケット913の南
右:その木はこうなっていました
resize12531.jpg resize12532.jpg
左:南部町南又、上村、上徳間集落
右:キリっとした篠井山
resize12533.jpg resize12538.jpg
左:高ドッキョウ手前から積雪
右:この色使い、材質は全く同じ、城北坂本氏のプレートかな?
resize12534.jpg resize12535.jpg
resize12536.jpg resize12537.jpg
resize12539.jpg resize12540.jpg
左:高野マキの登山道分岐、カタカナで書かれると女の子の名前のよう
右:山名札あり
resize12541.jpg resize12542.jpg
このロープが無いと無理です
resize12543.jpg resize12550.jpg
左:徳間峠に戻って来た
右:興津川を渡る事ができすここから上流に歩いて立ち幅跳び可能な狭い場所を見つけて何とか通過

resize12544.jpg resize12545.jpg
resize12546.jpg resize12547.jpg
resize12519.jpg resize12520.jpg
中部縦貫自動車道の工事
resize12548.jpg
帰りは気になっていた和田島から伊佐布へ抜ける道で清水に、いはらIC?付近の高脚が凄い!

未踏区間

詳細はお待ちください。

2013年10月05日(土) - 樽峠、高ドッキョウ、平治の段

週末山小屋泊を予定するも台風で天候不順、それでも山に登りたい気持ちはあるため各地の天気予報を見て山梨100名山でもある「高ドッキョウ」に向かう。予想に反して山頂手前の展望所から駿河湾、伊豆半島、清水港の眺めはまったく問題なし。山梨側はどこもガスってて篠井山、月夜の段は見えるが岩岳、下十枚はガスの中。そういえば行く時にR1安倍川手前から見た安倍東山稜も真富士山含めて北側はガスで何も見えなかった。今日は行く場所によっては全然展望が得られなかったかも。高ドッキョウ手前の急登はキツくて息は上がったが涼しかったため疲れる事は無かった。夏の沼ア、山伏登った後飲み会に行き、翌日の本宮山が今季最もキツかった2座で、それに比べたら全く問題なし。帰りは清水の「大阪王将」で早めの夕食。焼津、静岡の「餃子の王将」とは別系統らしく初めて行ってみました。甲乙付けがたいですが個人的には後者が良いかな?と思います。場所によって全然違いますが。



08:08 ┏自宅
09:02 ┃丸子宇佐美GS
10:00 ┗樽峠登山口(440m)

10:09 ┏樽峠登山口
10:50 ┃樽峠(724m)(休憩15分)
11:23 ┃No42ポール(下降点?)
11:39 ┃清水港展望所(休憩8分)
12:09 ┗高ドッキョウ(△1,133.5m)

12:33 ┏高ドッキョウ(△1,133.5m)
13:25 ┃樽峠(724m)(休憩8分)
14:02 ┗平治の段(940m)

14:15 ┏平治の段
15:00 ┃水場
15:07 ┃ヒュッテ樽
15:28 ┗樽峠登山口

15:38 ┏樽峠登山口
16:40 ┃大阪王将(清水北脇店)
17:20 ┃大阪王将(清水北脇店)
18:48 ┗自宅

登山口-高ドッキョウ 2:00
高ドッキョウ-平治の段 1:29
平治の段-登山口 1:13

行き 94.8km 1:52
帰り 97.3km 2:30(賎機山、潮トンネル手前自然渋滞)

過去の記録
2012年01月05日(木) - 樽峠、平治の段、貫ヶ岳(往復)

2012年02月04日(土) - 河内から真富士山(往復)

安倍山系(上)のP87-12で真富士山を往復。朝起きたが寒さを理由に遅い出発。このルートを3つに分けると最初は岩がゴロゴロした沢の部分、その次は笹の間を縫って進む急登の連続、最後は植林地帯。稜線近くで30-50cmの降ってから溶けて凍った積雪あり、踏み抜くとズボッ!となる。第2真富士の合流点で1名会っただけで、真富士山山頂は誰も来なかった。

resize10531.jpg resize10532.jpg
左:左から真富士山、鞍部は真富士峠、第2真富士山、手前は505m峰
右:奥の左の稜線の先は青笹山、鞍部は静岡/山梨県境の田代峠
resize10528.jpg resize10529.jpg
左:真富士山-真富士峠中間の1,300m分岐点、ここを登ってきた
右:山頂から駿河湾
resize10534.jpg resize10535.jpg
左:建設中の中部縦貫自動車道
右:今度来た時は橋桁が架かっているかもしれない
resize10530.jpg resize10533.jpg
左:石沢川上流の農道にて
右:左手が何気にガッツポーズ

08:36 ┏自宅
10:42 ┗石沢川源流(550m)

10:54 ┏石沢川源流(550m)(No135)
11:12 ┃三段の滝、真富士分岐(No136)
11:27 ┃急登、トラロープ(No137)
11:37 ┃白沢の滝第二展望所(No138)
11:42 ┃沢に入る
11:44 ┃沢を抜ける(No139)
12:01 ┃笹-->植林地帯
12:06 ┃尾根に乗る
12:13 ┃植林帯のジグザグ(No140)
12:32 ┃東側展望所(No141)雪が出てくる
12:36 ┃第1第2真富士方向(No142)1,200mの尾根
12:40 ┃第2真富士、清水分岐(No143)
12:49 ┗真富士山山頂(No144)

13:04 ┏真富士山山頂(No144)
13:12 ┃第2真富士、清水分岐(No143)
13:43 ┃植林地帯-->笹
13:47 ┃沢に入る(No139)
14:12 ┗石沢川源流(550m)(No135)

14:17 ┏石沢川源流(550m)
16:32 ┗自宅

登り 1:55
下り 1:08

行き 98.3km(2:06)
帰り 102.0km(2:15)(アラジンに寄る)

2012年5月9日 - 画像8枚追加
2012年2月7日 - 時系列追加
2012年2月5日 - 動画3本追加
2012年2月4日 - 掲載


以下はYouTube動画3本

続きを読む

2012年01月05日(木) - 樽峠、平治の段、貫ヶ岳(往復)

resize10259.jpg resize10260.jpg
左:第2東名の橋脚を過ぎた辺り、正面の凸が目立つ(138"28'54、35"7'4)
右:茶原島の左折ポイント
resize10261.jpg resize10262.jpg
左:清水市少年自然の家のポール、青笹山にもある
右:ここにもあったか~、手作り感たっぷりの「取付坂本」プレート、樽はカタカナか。
resize10264.jpg resize10263.jpg
左:平治の段から6枚、伊豆半島、駿河湾、興津川周辺
右:同じくその西側、清水港など
resize10265.jpg resize10266.jpg
左:愛鷹山、そのうちいつか・・・
右:田子の浦から千本松にかけての美しいカーブ
resize10268.jpg resize10267.jpg
左:左が伊豆半島の先端、駿河湾、海に飛び出そうな勢いなのは、さった峠?
右:清水港
resize10269.jpg resize10270.jpg
左:十国展望台
右:晴海展望台
resize10271.jpg resize10272.jpg
左:貫ヶ岳への稜線上は殆ど展望が無いが、時々安倍東山峰が見えている
右:良く見ると送電線が2本、と言う事は・・・
resize10274.jpg resize10275.jpg
左:貫ヶ岳山頂
右:貫ヶ岳山頂からの展望
resize10273.jpg resize10276.jpg
左:平治の段から貫ヶ岳への稜線上より6枚、中央が下十枚山
右:篠井山、どっしりしている
resize10278.jpg resize10277.jpg
左:左から仏谷山、鞍部が地蔵峠、岩岳、下十枚と続く
右:中央の鞍部は刈安峠
resize10279.jpg resize10280.jpg
左:月夜の段周辺
右:大光より奥の山も見える
resize10281.jpg
給油中も山座同定、宇佐美1号清水インターSSより、左の双児峰は竜爪か?

09:05 ┏自宅
10:01 ┃東名清水IC
10:14 ┃ファミマ清水興津店
10:34 ┗樽峠登山口(440m)

10:34 ┏樽峠登山口(440m)
11:12 ┃ヒュッテ分岐
11:17 ┃清水市少年自然の家No40 第三水飲場
11:28 ┃樽峠(724m)
11:37 ┃貫ヶ岳登山口(階段始まる)
11:49 ┃清水市少年自然の家No47
11:58 ┃清水市少年自然の家No48 貫ヶ岳、中沢峠、樽峠分岐
12:00 ┗平治の段(940m)

12:35 ┏平治の段(940m)
12:37 ┃十国展望台
12:53 ┃晴海展望台(929m)
13:07 ┃中沢登山口分岐(850m)
13:20 ┗貫ヶ岳(897.3m)

13:26 ┏貫ヶ岳(897.3m)
13:38 ┃中沢登山口分岐(850m)
13:53 ┃晴海展望台(929m)
14:13 ┃清水市少年自然の家No48 貫ヶ岳、中沢峠、樽峠分岐
14:40 ┃樽峠(724m)
14:55 ┃清水市少年自然の家No40 第三水飲場
15:17 ┗樽峠登山口(440m)

15:25 ┏樽峠登山口(440m)
15:59 ┃宇佐美1号清水インターSS
16:05 ┗サイゼリア清水八坂店

16:55 ┏サイゼリア清水八坂店
18:00 ┗自宅

登山口 - 平治の段1:26
平治の段 - 貫ヶ岳0:45
貫ヶ岳 - 平治の段0:47
平治の段 - 登山口1:04
行動時間..4:02

行き 1:29(99.9km)
帰り 1:45<0:40+1:05>(94.6km)

行き:東名袋井-->清水 1,650円(燃費25.76km/L)
帰り:R1(燃費36.93km/L)

関連ページ
山梨百名山
2012年1月6日 - 写真23枚追加
2012年1月5日 - 掲載
プロフィール

swg

Author:swg
2008年10月から山歩きを始めました。宜しくお願いします。

最新コメント
リンク
カテゴリ
AccessCount