装備8:リュックサック

▼6代目(2015/10/08)
resize15501.jpg resize15500.jpg
左:迷って迷って安さに負けて結局購入、先月購入したのと同じ容量だがこちらは普段使いも可能
右:寝袋を入れてキャンピングマットを縛り付けた状態、この方が昔ながらのザックの感じがある

Coleman(コールマン) デイパック ウォーカー 33 容量/33L :レッドチェック (CBB417ARCK)
7200102555_1.jpg 7200102555_2.jpg
アルペンで税込み3,999円で売ってました。「安っ!」って思ったのと「普段使い」の4代目ザックがボロボロなので、買うかどうかかなり悩んだ・・・。普段使いだとちょっと大きすぎるんですよね・・・。先月買ったザックが30Lでこれが33Lとなってますが、30Lの方が断然沢山入る感じ。容量表示ってあまりアテになりませんね。(購入前の考え)

2015/10/01
週末の避難小屋泊に備えて銀のマットを購入。合わせて予てより欲しいと思っていた「手元で水が飲めるボトルホルダー」も購入。チューチュー吸うやつも良さそうに見えましたが衛生上洗浄が面倒臭そう&安価なのでこちらにしました。向かって左側のポーチはデジカメ用でコレは100円均で購入した物。いや~、これでわざわざザックを下ろして中から2LのPETボトルを出してゴクゴクやらなくて済みます。歩きながら飲めるので休憩時間も短縮できるかも・・・。
resize15485.jpg resize15484.jpg
左:ボトルホルダー 498円
右:キャンピングマットM(東和産業株式会社60x180cm) 598円

▼5代目(2015/09/04)
今回やっと登山用のザックを買いました。今までのは量販店で2,000円くらいで売っているのを買い足し買い足しで使ってきましたが何が不便かというと、レインカバーが無い事。それ以外はこれまで日帰りや小屋泊、通勤にも使って不自由はありませんでした。30Lにしたのは単にこれが安かったからです。出発前日の9/4夕方アルペンへ。当初は同型の「パープル」「グリーン」がありその2色で悩んでましたが吊るしの位置が高く、奥の方に別の色があるんじゃないか?と思い店員に脚立に乗って探してもらうとこの黒が出てきました。黒ですが紺色っぽい感じが気に入り、即決しました。
resize15414.jpg resize15416.jpg
左:何も入っていない状態
右:シュラフとカッパを入れた状態
resize15417.jpg resize15418.jpg
左:腰に巻くベルトで肩の負担軽減?(まだそこまで背負ってない)
右:100均で買ったポーチをデジカメケースにしている
resize15415.jpg resize15419.jpg
左:レインカバー付き、これ欲しかったのです(能郷白山で早速使いました)
右:シュラフも買ったので〆て7,998円

メーカーコールマンジャパン
型式LIGHT MOTION 30-AP
サイズ容量約30L
重量約1.05kg
ブラック
材質ポリエステル
原産国VIETNAM
価格5,999円


▼同型の色違い(画像検索して出てきたものですが黒以外若干形状が違う?!)
orange-heart_cm-1000.jpg orange-heart_cm-1002.jpg
orange-heart_cm-1001.jpg 7205108034_1.jpg

過去のリュック達はこちら
スポンサーサイト

装備7:20インチ折りたたみ自転車(BIG ALLOW)

resize12668.jpg resize12669.jpg
resize12670.jpg resize12671.jpg

詳細:20インチ折りたたみ自転車、6段変速
品名:BIG ALLOW
価格:13,800円+500円(防犯登録)
購入日:2013年12月30日

今年の秋、このブログでも度々登場した青色の「AMOUR」号が盗難に遭い、しばらくチャリ無し生活を送っていましたが、先日訳あって急きょ2号機を購入しました。本当はネットや自転車販売店を廻ってじっくり決めたかったです。

装備1:デジカメ

1/4に4台目のデジカメを購入。きっかけは情けない事に3台目カメラの充電アダプタ紛失。今日それがやっと見つかった。

1/1満観峰、1/3竜頭山、ここまでは3台目で撮影。その日の晩、充電しようと思った時、充電アダプタが無い事に気が付いた。普段1日中デジカメを持ち歩いており、その時は会社に忘れたと思った。しかし1/6まで会社は休みだし連休にわざわざ会社へ取りに行く気が起こらない。1/4、数千円の安いデジカメを求めて家電量販店に行き、そこで4台目を衝動買い。決め手は「価格」「GPS」「光学20倍ズーム」でした。結局数千円のおもちゃデジカメは購入せず。

1/7出社して会社を探すも見つからず。家、会社両方を探したが会社で無くす可能性低くやはり家かな?今日やっと本腰を入れて探すと年末大掃除した時に整理した箱の中にあるのを発見!今回デジカメを無くしたわけではないが、充電器が無ければデジカメとして機能しないし、実質デジカメを無くしたようなもん。充電器だけ購入できたとしてもそれだけに数千円かけて買うのもバカらしいし・・・。物がなくなると落ち着かない。そんな1週間でした。

このブログを始めたのは初めてのデジカメ購入とほぼ同時。以下はこれまで使ってきたデジカメについて。

SONY DSC-W110<左の箱>(2008/12/18~2010/01/05)
光学4倍(32-128mm)13,386枚撮影。

記念すべき1台目。正月に出掛けた際、紛失。富幕山で撮影したのが最後だった。

SONY DSC-W270(2010/01/09~2012/06/15)
光学5倍(28-140mm)、28,558枚撮影。
resize11102.jpg resize11103.jpg
1台目が気に入っていたため同じデザイン、メーカーの2台目。最後は内部基盤?の故障で写した画像が真っ白になってしまい役目を終えた。何回も落としたが結構丈夫。最後の方はレンズカバーが完全に閉まらず、レンズの中には細かいゴミが入って画が汚かった。

Panasonic DMC-S2(2012/06/17~)
光学4倍(28-112mm)、3,576枚撮影。
resize11100.jpg
紛失と壊れる事を考慮して購入。本体9,670円+SDHCカード8GB 750円=合計10,420円。上の黒い物が今回見つかった充電器。

Panasonic DMC-TZ30(2013/01/04~)
光学20倍(24-480mm)、236枚撮影。
resize11101.jpg
これまでの3機種は充電時は全てカメラから電池を取り出すタイプであったが、本機はACアダプタからUSBケーブルをカメラに接続する方式となった。もしくはUSBをパソコンに接続しても充電される。本体16,700円(スペア充電池1個、SDHCカード8GB 880円込み)

Panasonic DSC-TZ30のGPS機能について。最初は地形図にログを出力できるタイプかと思っていたが、写真に位置データを埋め込んでいるらしい。

手順:
(1)初回のみ、デジカメのSDカードへ付属のDVDに入っている地図データを保存。
(2)デジカメを画像再生モードにするとこの様に位置情報が表示される。しかしあまり正しくない。
resize11063.jpg
(3)「EXPOSURE/MAP」ボタンを押すと下記のような画面が出てくる。「-」「+」キーで縮尺を変更。
resize11062.jpg resize11061.jpg
左:1cm=50km 1/500万
右:1cm=2km 1/20万
resize11059.jpg resize11058.jpg
左:1cm=500m 1/5万
右:1cm=200m 1/2万
resize11057.jpg
1cm=100m 1/1万

カメラのアイコンを見ると歩いた場所が大体分かるが写真を撮らないとプロットされないのと、地図が地形図ではなく、PC上でこういった閲覧が出来ない事から、このGPS機能、今後使うかどうか微妙なところ。

関連ページ
【新製品レビュー】パナソニックLUMIX DMC-TZ30(2012/4/17)
地図情報と連携する「旅カメラ」......LUMIX「TZ30」 - YouTube

装備3:リュックサック

▼4代目リュック(2014/03/05)
resize13050.jpg resize13051.jpg
resize13054.jpg

▼力尽きた3代目リュック
resize13052.jpg resize13053.jpg

▼2代目リュック(2010/10/05)
resize9061.jpg resize9060.jpg
2010年10月5日購入。買う時の決め手は、背負った時に胸の辺りで肩掛け?の両側をロックできるバックルが付いていた事と、この色。しかし、この写真を撮っている時に重大な事に気が付く。なんと一番大事な腰の周りを締めるバックルが付いていませんでした。動いた時に体に密着しないので揺れて疲れそうな気がします。絶対付いていると思って、見ませんでした。失敗しました。

メーカーYUBISHA INDUSTRY CO.,LTD
型式3R87
サイズ容量約20L(本体約17L)
474J
材質ポリエステル100%
原産国中国
価格1,780円


▼初代リュック
こちらは今まで使用していたリュックです。1ヶ月ほど前、山伏に行く前だったと思いますが、右腕を通す肩掛け?の下側の付け根から切れました。幸い?リュックの両脇に何かを包むための1回も使った事が無いバックルがあったので、そことジョイント。騙し騙し使っていました。

このリュックは過去の写真を見ると1回目の沢口山あたりから写っていました。約2年、山歩きと通勤にほぼ毎日使いました。このリュックを買った理由は価格が1,000円だった事と手提げが出来るようになっていた事。

実際使ってみると手提げすると持つ所が長すぎてリュックの底を地面に擦ります。一番困ったのは内装がボロボロ剥がれてくる事でした。最終的にはご覧の通り、底がスカスカ。1箇所穴が開いているのはステッキを入れた時に、先端のゴムを無くしたため突き抜けてしまった跡です。それ以外はよく働いてくれました。

今回購入する時に一番気を使ったのは内装の剥がれ。同じ材質ではない物を選びました。驚いたのはオレンジの物と殆んど同じ物がまだ売られていた事です。価格はまだ1,000円でした。内装は同じ材質だったのでパス。

それにしても、このリュックで色々な山を歩きました。日帰りで2LのPETボトルを2本+水筒、ガスコンロ、食料、等々を突っ込んで、よく仕事をしてくれました。お疲れ様でした。
resize9056.jpg resize9057.jpg
resize9058.jpg resize9059.jpg

装備4:ラーメングッズ

resize6862.jpg resize6867.jpg
左:固形燃料3個入り、銀カップ(風除け)、ホーロー鍋、5袋入りみそらーめん
右:5袋入りみそラーメンは228円、Seriaで購入したラーメン用品は315円、以前購入した焼き網は105円。合計648円
resize6863.jpg resize6864.jpg
柄は+ねじと四角ナットで固定されている
resize6865.jpg resize6866.jpg
宴会の1人用鍋に出てくるタイプ
resize6868.jpg resize6869.jpg
左:銀カップを風除けとして展開したところ
右:収納したところ

resize6870.jpg
家のコンロで予行演習
・熱伝導が思っていたより悪く固形燃料のパワーでは不安になった
・鍋を小型化したため茹でる際に麺は半分に折る

早速明日使ってみようと思う → 早速使ってみた(2010年1月24日)

resize7386.jpg resize7387.jpg
左:アルミカップの中に固形燃料
右:茹で上がったところ

2010年1月25日 - 写真2枚追加
2010年1月23日 - 掲載

装備6:20インチ折りたたみ自転車(AMOUR)

4-5年前にカインズホームで購入した。20インチの折畳み自転車である。当初は家から駅までの徒歩25分がきつかったため、それだけのために購入した。

しかし、ろくに手入れをしなかったため、タイヤは劣化してサイドウォールが所々破けてバースト寸前、ペダルも漕ぐとゴリゴリ音が鳴り始めていた。

山登りを始めて長い林道歩きをする機会があると、自転車があると良いなと思うようになった。最近ウォーキングを始めてからは近所への買い物にもよく利用するようになった。

新たにMTBを購入しても良いのだがこの折畳みチャリも買い物等の使い勝手がよく自転車を2台持っても果たして使いきれるのだろうかと思った。自転車屋のご主人と相談してとりあえずこの自転車を直して乗ってみることにした。

ちなみに、今回この文を書くにあたり車体名として書かれている「AMOUR」について調べてみた。フランス語で「愛情」という意味らしい。

resize3203.jpg resize3205.jpg
タイヤとペダルの主軸ベアリングを交換したところ

resize3207.jpg resize3201.jpg
メッキの質が悪いためサビが酷い

どうせ直すのなら・・・と調べてもらうと20インチのブロックパターンのタイヤも入手・取付可能であると言うので、ベアリングも含めて車体価格を上回るカネをかけて修理をした。
resize3206.jpg
resize3204.jpg resize3202.jpg

resize3209.jpg resize3208.jpg

今のところオフロードもなんとか走れている。
プロフィール

swg

Author:swg
2008年10月から山歩きを始めました。宜しくお願いします。

最新コメント
リンク
カテゴリ
AccessCount